logo KeyShot/KeyVR|フォトリアル 3D ビジュアライズツール

NEWS & COLUMN お知らせ&コラム

Tips 2021.07.16 更新

KeyVRを用いた共同的なVR設計

KeyVRを用いた共同的なVR設計

KeyVR Connectは、あなたとあなたのチームが同じ仮想シーンに参加して、どこからでもリアルタイムでコラボレーションし、設計上の決定を行うことのできる新機能です。
KeyVRはデザイナー向けに作成されており、コーディングは不要で、ワンクリックでKeyShotシーンからVR環境に移動することが可能です。

まず、KeyVR Connectセッションをホストする前に、2つの基本的なルールを確認する必要があります。

ルール1:すべてのチームメンバーは同じネットワーク上にいる必要があります。
これは単に、全員が同じIPアドレスを共有する必要があることを意味しています。あなたとあなたのチームメンバーが同じローカルネットワーク環境下にいない場合は、すべてVPNサービスを使用して安全に接続することができます。これについてサポートが必要な場合は、VPNソフトウェアオプションについてIT管理者にお問い合わせください。

ルール2:すべてのチームメンバーは、ホストとまったく同じKeyShot Package(.ksp)ファイルを使用する必要があります。
わずかに異なるファイルを使用しても、KeyVRConnectでは機能しません。
全員が同じファイルを使用していることを確認する最良の方法は、KeyVRデスクトップアプリから直接シーンを起動することです。

セッションを主催する
ロードされると、画面の左下にKeyVRConnectオプションが表示されます。誰がセッションを主催するかについて、チームと調整します。
セッションをホストしている場合は、[ホストセッション]を選択します。 KeyVR Connectウィンドウには、セッションコードと、誰が参加したかを確認できる[Users]ウィンドウが表示されます。
この一意のコードをチームメートと簡単に共有するには、[クリップボードにコピー]アイコンを選択します。

セッションに参加する
ここで、セッションに参加する場合は、[セッションに参加]オプションを選択し、ホストから提供された特別なコードを入力して、[接続]を選択します。そうするとホストされているシーンにロードされます。
他の人が接続を待っている間に、表示名と仮想アバターの色を変更するのに少し時間がかかる場合があります。すぐにチームメンバーがあなたのシーンに入るのを確認することができ、全員が共有シーンにいるため、シーン内のユーザーが行った変更はすべてリアルタイムで表示され、誰もが体験できます。
この通り、KeyVR Connectは設計ワークフローを補完するコラボレーションVRソリューションです。
こちらを使用すると、材料、色、構成に関する決定を下し、実際のコンテキストで製品オプションを表示し、世界中のどこからでもすべて同じ仮想空間でクライアントの承認を求めることが可能です。

KeyVR Connectおよびその他のKeyVR機能の詳細については、KeyVRマニュアルをご確認ください。

CONTACT 問い合わせ