logo KeyShot/KeyVR|フォトリアル 3D ビジュアライズツール

LINE UP 製品詳細

Virtual KeyShot World 2021

Virtual KeyShot World 2021

6月15日から3日間、オンラインで「Virtual KeyShot World 2021」が開催されました。全世界のKeyShotユーザーに向けた年一回の最も重要なグローバルイベントとして、昨年に引き続きオンラインで複数のテクニカルセッションが公開されました。今回のイベントでは、大きく9つのライブセッションを用意し、KeyShotの最新機能やテクニカルチップス、使い込んでいるユーザーの視点でヒントになりそうな活用方法をご紹介しています。各セッションの要約とライブ動画をこちらのページで配信します。

■ 2021/6/15(火) 10:00-15:00

1

Shane Spence Design社

活用分類:広告/マーケティング

Shane Spence Design社は、広告/マーケティングのコンサルティングと実際のデザインを提供している会社です。数年前よりKeyShotを使いはじめ、自身の経験談と合わせて実際の操作もしながらテクニカル的なヒントを交えてどのようにレベルアップしていったのかをご紹介します。
詳 細

2

Luxion社

活用分類:CMFデザイン

Luxion社が立ち上げた「Envoyプロジェクト」というアイデアをデザイン、マーケティング、販売へとつなげていくためのビジュアル・プロセスをご紹介します。間もなくリリースを予定している各種CMFツールも実演を交えながらご説明します。
詳 細

3

TB&O社

活用分類:デザインスタジオ

TB&O社は50年近くデザインビジネスを続け、フィルムカメラから始まった製品イメージングスタジオです。現在は全てのコンテンツ制作にデジタル手法を取り入れており、KeyShot Configuratorを多用しながら、リッチなWebコンテンツを提供しています。今回はその制作フローの一部をご紹介します。
詳 細

■ 2021/6/16(水) 10:00-15:00

1

KeyShot Studios

活用分類:コンテンツ制作サービス

KeyShot Studios社はLuxionがスポンサーとして立ち上げたコンテンツ制作やデザインコンサルティングを提供するデザインファームです。もともとはプロの写真家だった創設者の二人が、KeyShotの効率的な運用方法や魅力的なコンテンツを制作するためのテクニカルチップスなどをご紹介します。
詳 細

2

Bucktail Design社

活用分類:パッケージデザイン

Bucktail Design社は主に家電製品を扱うパッケージデザイン会社です。SOLIDWORKSやパッケージデザインCADのArtiosCAD、PhotoshopやIllustatorとの連携についてもご説明します。ライティングやカメラアングル、また新バージョンのドロップ機能なども有効に活用しています。
詳 細

3

Kids2社

活用分類:マーケティング

Kids2社は子供用製品を自社で企画、設計、開発し、全世界27ヵ国で販売をしています。コロナ禍において「ゴールデンサンプル」と呼ばれるマーケティング用の物理的なサンプルづくりをやめて、フルデジタルに切り替えた事例です。わずかな期間で立ち上げた新たなデジタルワークフローをご紹介します。
詳 細

■ 2021/6/17(木) 10:00-15:00

1

Luxion社/Stratasys社

活用分類:V10新機能の紹介

Luxion社の工業デザイン/ビジュアライズ担当のスペシャリストKarim Merchant氏によるV10新機能を中心にテクニカルデモンストレーションを行います。その中でAR/VR用フォーマットUSDZ、3Dプリンタ用フォーマット3MFの説明を行い、Stratasys社のソリューションもご紹介します。
詳 細

2

Certain Affinity社

活用分類:キャラクターデザイン

Certain Affinity社はテキサス州オースティンを拠点とするビデオゲーム開発スタジオです。3Dコンセプト・アーチストとして活躍しているMichael Pavlovich氏にZbrushとKeyShotを活用したキャラクターデザインのワークフローとテックチップスをご紹介します。
詳 細

3

AdvancedDesign NPO法人

活用分類:教育

Advanced Designは、「Offsite」というデザイン教育を促進することを目的とした12週間の教育用オンラインプログラムを提供しているNPO法人です。オンラインプログラムを説明しながら、デザイン業界のニーズに合わせたコンテンツをどのように制作していくのかをご紹介します。
詳 細

■ 6月15日 セッション1

Shane Spence(Shane Spence Design)イギリス-広告およびマーケティング目的のレンダリングの作成

テーマ:「練習と失敗が成功を生む」

多くのデザインは試行錯誤で達成されましたが、このデザインを練習する方法の1つに、Instagramチャレンジ(小さなコンテスト)に参加することを挙げます。
このコンテスト中では多くのジャンルやスタイルが表現されています。あなたは他の参加者から数多くのアドバイスを得ることが出来るでしょう。
まず最初の取り組みとしては、実際の製品の写真を見ながら、KeyShotを使ってテスト広告用に複製することです。

そしてアイデアを得る良い方法は、製品を説明するいくつかのキーワードを考え、いくつかの関連画像をオンラインで探すことです。
さまざまな配置とカメラアングルでいくつかの小さなテストレンダリングを作成し、レンダリングをどのように見せたいかについて、一般的なアイデアを創り出します。

色とコントラストをより細かく制御して、ほとんどすべてのレンダリングに写真モード(画像スタイル)を適用します。

スタジオ:モデルセットと連携して、さまざまなモデルをレイヤーのようなものに分割し、その上にシーン内のオブジェクトをグループ化できます。
レンダリングキューを介してバッチでレンダリングすることができます。さまざまなシーン要素やカラーバリエーションを試したいときにとても役立ちます。
スポットライトに葉のテクスチャを含めることで、葉の影(または任意のテクスチャ)をモデルに投影することが出来ます。

  • ヒント:マテリアルグラフで、テクスチャをダブルクリックし、Ctrキーを押して、シーンのテクスチャ情報を表示します。
  • ヒント:ファジーを使用するときはベルベット素材を使用すると効果的です。これによって、さらに柔らかくリアルな結果が得られるでしょう。
  • ヒント:レザーテクスチャは、変形マップの「ノイズ」を強化することで自然な表現を実現します。
  • ヒント:シーンのリアリズムを実現する良い方法は、テクスチャとディスプレースメントマップにノイズ(ラフネス、バンプマッピング)を適用して欠損部分を表現することで、人間の目にはシーンがより自然に見えるようになります。

■6月15日 セッション2

Luxion – Brooke Harrington氏 スケッチから実際のパーツまでコンテンツを作成するプロセス

テーマ:KeyShotをレンダラーとしてだけでなく、CMF設計プロセス全体の一部として使用する

多くのお客様は、製品のヴィジュアル化だけでなく、KeyShotをデザインプロセスの重要なツールとして使い始めています。
KeyShotを設計プロセスの多くのポイントに統合する方法があります。
www.Keyshot.com/envoy は、自転車ヘルメットデザインを使用したコンセプト商品でKeyShotの役割を説明するプロジェクトサイトです。

典型的な設計プロセスは、コンセプト化、モデル化、ヴィジュアル化ですが、これには多くのステップがあります。

•アイデアツール

コンセプトモデルをCADから直接KeyShotに移動でき、CADの変更はKeyShotで自動的に更新されるため、KeyShotプラグインのサポートが重要です。これにより、コンセプトから視覚化までの設計プロセスにシームレスなリンクが提供されます。また、モデル全体をエクスポートおよびインポートするために必要な余分な手順が不要になるため、時間を節約できます。スケッチの改良:設計者は、コンセプトをさらに改良するために、すでにレンダリングされたモデルの上にスケッチするのが一般的です。これにより、レビュープロセスをスピードアップできます。

•CMFソリューション (color, material, finish)

Configurator:これにより、色/素材/仕上げのすべてのバリエーションが1つのシーンファイルに連結されます。次に、内部レビュー用のプレゼンテーションを作成して、1つのインターフェイスでさまざまなバリエーションをすべて簡単に表示できます。これは、KeyShotのマルチマテリアルおよびモデルセット機能を利用します。 KeyShotの経験がない人にこれらのプレゼンテーションを提供することもできます。バージョン10.2から、タブレット用のタッチパネルスタイルのConfigurator機能が追加。
KeyVR:より現実的な設計レビューのためにVR空間でこれらのバリエーションを視覚化する方法。 (KeyVR 10は6月17日にリリース)
3MFサポート:3D印刷の目的でKeyShotから3Dデータをエクスポートする機能。これにより、フルカラーおよびテクスチャの3Dプリンターでプロトタイプを作成できます。これはラピッドプロトタイピングよりもはるかに高速で、プロセスをより細かく制御できます。

•CMFドキュメントツール(近日公開)

色/素材/仕上げを請負業者やメーカーと伝達する方法:KeyShotから直接CMFドキュメントを作成します。(BOMと同様)
この機能はまもなくKeyShotに導入される予定です(スニークプレビュー)。マテリアルと色に関するデータをマテリアルライブラリに入力すると、モデルで使用されているすべてのマテリアルを一覧表示するコールアウトと下部のテーブルを使用して、いくつかのテンプレートタイプに出力できます。

•フォトリアル画像

高速で使いやすい、低い学習曲線など、多くの労力をかけずにレンダリングの大きなバッチを出力します。(コンフィギュレーターツールを使用してレンダリングキューに出力します)資料の豊富なライブラリなので、あまりカスタマイズする必要はありません。科学的に正確:写真やプロトタイプモデルを作成せずに、製品の「デジタルツイン」を作成します。信頼性と再現性のある画像を作成します。

•インタラクティブアセット

ARサポート:これにより、コンセプト製品を現実世界にあるかのように表示できるため、より多くの設計プロセスで使用されるようになりました。
(keyshot.com/envoyには、AndroidまたはiPhoneで表示できる例があります)
KeyShot Web / XR:ブラウザーで製品を操作できるWebサイトのコンテンツを作成します。
Web Configuratorは、Webサイトに埋め込むためのコンテンツを出力することを除いて、KeyShotのConfiguratorに似ています。

6月15日 セッション3

KeyShot Configuratorケーススタディ(TB&O / Mike James)(NVIDIAパートナー)

テーマ:KeyShot Configuratorの用途

TB&Oは、50年間ビジネスを続け、フィルムカメラから始まった製品イメージングスタジオですが、現在はすべてデジタル(社内レンダリングとコンテンツ作成)になっています。彼らはKeyShot Configuratorを多用しています。
Illustratorなどの2Dアプリケーションは、ペイント、グラフィックス、デカールの設計に一般的に使用されますが、非対称形状の設計には理想的ではありません。

  • 2Dおよび3D空間をKeyShotと統合する方法は?
  • 2CMFの3D表現できること
  • リアルタイムで表示できること
  • フォトリアルであること
  • コラボレーションとリモートワークのために共有可能であること
  • レビューのために経営陣に提示できること
  • マーケティングコンテンツを作成できること
  • 高速、効率的、正確であること

  • KeyShot Configuratorのデモンストレーション(10.2タッチパネルスタイルのConfiguratorを含む)
  • パーツのスタイル/色、パーツの組み合わせ、カメラアングルを変更します。
  • 特にGPUモードでは、多くの場合、フォトリアル表現はほぼ瞬時に行われるため、時間が失われることはありません。
  • マルチマテリアル設定を使用すると、パーツごとにさまざまなマテリアルスタイルと色を設定できます。
  • ソロモードでは、単一のパーツを個別に表示できます。これにより、レンダリングがはるかに高速になるため、結果を即座に確認できます。
  • IllustratorやPhotoshopなどの別のソフトウェアからKeyShotにカラーライブラリをインポートして、いつでも同じ色を使用できるようにすることができます。
  • Photoshopでレイヤーマスクを作成し、KeyShotにインポートして、色とグラデーションをより適切に制御し、デザインを3Dパーツに「ラッピング」するために使用します。
  • レイヤーマスクを使用すると、パーツの残りの部分に影響を与えることなく、グラデーションの色を変更できます。これは、Configuratorで選択できるバリエーションとして追加できます。


このようにして、詳細な変更を加え、結果を3D空間ですぐに確認できます。
その結果、製品のさまざまな色やデザインスキームを短時間で設計でき、経営陣や顧客にすぐに見せることができます。 10.2では、タッチパネルコントロールを使用して、プレゼンテーションモードでモデルをタブレットに読み込めます。

■ 6月16日 セッション1

KeyShotのバーチャルスタジオ(KeyShot Studios-Brad Adelmann & Tim Feher)

テーマ:KeyShotで作成する商品の「デジタルツイン」

KeyShotユーザー向けのコンテンツ作成およびコンサルティングサービスとしてKeyShotを使用するスタジオです。 Luxionがスポンサーとして協力しています。

2人の創設者はもともとこの業界に移住したプロの写真家でした。 Tim Feherはもともと自動車業界にいたので、自動車会社がマーケティングやカタログ作成でレンダリングをどのように使用しているかについて多くのことを知っています。
KSは、顧客会社のKeyShotユーザー向けのトレーニングサービスを実行できます。トレーニングセッションの後、KSは顧客にすべての作業ファイルを提供して、独自のコンテンツライブラリを作成できるようにします。
彼らは完全なCGレンダリングを行うことができ、実際の写真にレンダリングを挿入することもできます。

KSが製品とどのように連携できるかを示すシナリオは以下の通りです。(モトローラ社無線機)

  • 顧客は、マーケティング目的で製品レンダリングの20の個別の画像を作成する方法を知りたいですか? -> 360度のレンダリングを作成すると、顧客はそれから静止画を取り出すことができます。
  • CADデータを取得します。 KSチームの一部のメンバーはCADモデリングを行うことができますが、顧客はCADモデリングと、すべての色とテクスチャの説明を含むCMFドキュメントを提供することもできます。
  • ラベルアートワークとスクリーンアートワークも入手します。
  • それがすべて取得されると、KSはクライアントとのライブセッションを行い、コンテンツの作成中にクライアントをトレーニングします。
  • 角度の調査:最初に、モデルを使用して製品のさまざまな角度をアレンジし、クライアントに示します。
  • 角度が決まったら、角度に合わせて照明を調整します。 (一貫した外観を実現するための全体的な照明スキームがありますが、照明は常に各角度に合わせて変更されます。)
  • この事例の顧客は、さまざまな異なるコンテンツに挿入できるように、白い背景の製品を望んでいます。
  • 次に、顧客はレンダリングを製品パンフレット、データシート、アクセサリカタログ、ソーシャルメディアなどに挿入します。
  • 画像は印刷目的(5K)で作成されますが、オンラインで使用するために縮小することができます。
  • KSはまた、アニメーションとキャプション付きのレンダリングを使用してビデオコンテンツを作成します。

KSは、レンダリング中にすべてのレンダリングパスを出力することがよくあります。
クラウンパスは、Photoshopでマスクを作成するために使用できます。
他のパスは、Photoshopの他のレイヤーでブレンドモードで使用して、製品の一部の特定の側面を制御できます(つまり、ある部分での反射の増加、別の部分でのアンビエントオクルージョンの増加など)。
法線パス:マスクを選択し、次に色範囲を選択して特定のピクセルを取得し、レベルまたは曲線を使用して法線を使用して特定の領域にハイライトを追加します。

■6月16日 セッション2

包装業界で使用されるKeyShot(Bucktail Design-Matt Hanzly)

テーマ:KeyShotでインパクトのある梱包パッケージのデザイン

Bucktail Designは、主に家電製品を扱うパッケージデザイナーです。

設計プロセス:

  • スケッチと調査:パッケージの内容を調査して、CADでパッケージをモデル化する方法を確認します。
  • パッケージデザインCADシステムArtiosCADを使用すると、パッケージを展開(板金と同様)して、さまざまなパッケージ材料を操作できます。また、SolidWorksでのモデリング、Cinema4Dでのシミュレーション、およびラベルの作成と照明の調整のためのPhotoshop / Illustrator。その後、すべてのソリッドモデルデータがKeyShotで使用されます

  • Solidworksでアセンブリを作成します。(オープンボックス、クローズドボックス、展開など)
  • 次に、KeyShotにインポートした後、すべてのオブジェクトサーフェスを分離して、別々に作業できるようにします。
  • CADモデルが作成された後、Photoshopの各パネルにラフドラフトとして予備のアートワークが作成されます。
  • ほとんどのケースでは、マテリアルとしてPoliigonの紙テクスチャが使用されます。モデルの場合、KeyShotで、各パネルに半径を追加して、より自然に見えるようにします。
  • 段ボールのエッジは、各パネルのエッジに適用されるテクスチャです。各パネルのエッジは、KeyShotでジオメトリを編集してオブジェクトの表面を分離することにより、分離されます。
  • 印刷物をよりリアルに見せるために、ラベルのアルファを下げて、下にある表面がわずかににじむようにします。
  • 箔とプラスチックの:不透明度を少し上げた透明なプラスチックを使用して、よりリアルに見せます(つまり、完全に透明ではありません)。ホイルの場合、バンプマップとしてポリゴンのしわ模様が入った紙のテクスチャが使用されます。

  • 成形繊維:リサイクル材料から作られた成形包装材料。半径とドラフトが追加され、リアルに見えます。
  • Poliigon素材は、パッケージのテクスチャとして広く使用されています。
  • バッグ:モデルはMarvelous Designer(アパレルデザインCADシステム)で作成されます。しわの効果のほとんどはMarvelousDesignerで作成されますが、変位またはバンプマップを使用してKeyShotで作成することもできます。
  • リジッドボックス:非常に一般的な梱包材。通常、紙で包まれたチップボード。 (iPhoneなどの家電製品によく使われます。)->リジッドボックスはシンプルなデザインなので、素材を塗るときはできるだけリアルに見えるように注意する必要があります。

ヒント:

  • エッジにはKeyShotRadiusを使用します。
  • 実際の生活を模倣するために、エッジにいくつかの許容誤差を残します。
  • 中心から少しずれているか、少し斜めになっているラベルを追加します。
  • Photoshopまたは同様の編集プログラムでラッピングマテリアルのコーナーに継ぎ目を追加します。
  • 印刷:多くのオプションが利用可能で、通常はKeyShotで適用するために素材ごとに分けられています。ほとんどの場合、最適なフィットのためにUVマッピングが使用されます。
  • 照明とカメラアングルは、パッケージへの印刷を強調するために使用されます。
  • 薄いホイルのホットスタンプ効果:メタリックペイントを使用し、バンプマップとして適用してパッケージから持ち上げます。
  • エンボス加工:負の値のバンプマップとしてグラフィックを適用します。
  • レイアウト:KeyShotのスタジオ設定でパッケージを配置し、カメラのボケを適用して被写界深度をシミュレートします。
  • 多くの場合、パッケージレンダリングを使用して、クライアントのパッケージ製造プロセスを説明するドキュメントが含まれます。
    「ドロップ」機能(10.1の新機能)は、自然な外観のために小さなオブジェクトをシーンにドロップするためによく使用されます。

■6月16日 セッション3

KeyShotを使用した物理からデジタルへ(Kids2 / Frank Tyneski)

テーマ:子供グッズのマーケテイング

Kids2は乳幼児向け製品の設計・開発会社です。アトランタに本社を置き、香港、アムステルダム、上海にオフィスを構えています。
世界中で知られているいくつかのブランド名で製品を生産しています。

また、DisneyBabyなどのメジャーレーベルにライセンス供与されている製品も製造しています。
Kids2は27カ国の多くの店で製品を販売しています。(米 Walmart、Target、BabyBuntingなど)

KeyShotは、2020年コロナ禍にKids2をどのように支援していますか?
コンセプトモデルは、3DS Max、Creo、Alias、Rhino、Solidworks、ZBrush、およびAdobe製品から導入されています。製品は、開発およびエンジニアリングフェーズを経て、プロトタイプモデル、そして「ゴールデンサンプル」(マーケティングおよびプロモーション用の物理モデル)になります。しかし、パンデミックでは、試作品の家が閉鎖され、撮影セッションのスケジュールが困難だったため、「ゴールデンサンプル」を入手することは困難でした。

そこで彼らは、代わりにフォトリアリスティックなレンダリングを使用することにしました。しかし、レンダリングツールが説得力のある画像を生成するのに十分ではなかったため、CADから直接フォトリアルレンダリングを生成することは困難であることに気づきました。そこで彼らはこの目的のためにKeyShotに目を向けました。
ただし、最良の結果を得るには、情報のコラボレーションと転送が可能な限り効率的になるように、設計と開発のプロセスを変更する必要がありました。
KeyShotは非常に使いやすいため、このプロセスは短く、Kids2はプロセスを改善し、優れた画像を非常に迅速に作成することができました。
KeyShotStudiosに相談し、KeyShot Studiosはすべてのスタッフをトレーニングし、十分な品質の画像を作成するのを手伝いました。
写真チームは、設計チームによって出力されたレンダリングを取得し、それらがフォトリアルになるようにさらに改善するのに役立ちます。
現在、実際のプロトタイプモデルを作成するよりもレンダリングが優れているところです。現在、彼らはプロセスを強化するために物理モデルと
レンダリングの両方を使用しています。

Amazonの例:「ingenuity trio high chair
また、物理モデルの替わりにKeyShotでレンダリングを使うと、プラスチックの使用が少なくなり、レンダリングの保存と管理が容易になるため、
物理モデルの数を減らすことは環境にとってより良いことです。

コロナの影響で、Kids2はビジネスプロセスを改善することを余儀なくされ、KeyShotはその改善の重要なコンポーネントです。

■6月17日 セッション1

KeyShot&Stratasysとのコラボレーションデザイン(Luxion-Karim Merchant)

テーマ:V10新機能の紹介

Karim Merchantは、Luxionの工業デザイン・視覚化のスペシャリストです。

■10.2の新機能

  • メッシュ簡略化ツール:
    o 全体的な形状を維持しながら、メッシュベースのモデルの三角形の数を減らすことができる新機能。また、法線の編集を使用して、簡略化後の粗い領域を滑らかにします。(ARまたは3MFファイルにエクスポートするときにファイルサイズを縮小するために使用できます。)
  • Axaltaのメタリックペイントフレークコントロール:
    o フレークのサイズと密度を制御できるAxaltaPaintsの金属フレークコントロール。モデルを正しいスケール(シーン単位)でインポートします。 .02〜.5mmのフレークサイズは、実際のマッチングに最適です。
  • オブジェクトサーフェスの分割(ペイントの選択):
    o 複雑な表面をより簡単かつ効率的に選択できるように設計された新しいペイント選択モード。 Altキーを押しながら、サーフェスをペイントします。 Alt + Shiftキーを押しながら、選択範囲をグループ化します。

■KeyVR 10 新バージョンの更新内容(本日リリース)

  • サブスクリプションベースのライセンス
  • パフォーマンスの更新
  • リアルタイムマルチユーザーセッション(KeyVR Connect): ローカルおよびVPN接続を介して接続する
  • 測定ツール
  • 移動ツール改善(グリップコントロール)
  • 改善された材料ベーキング
  • ベストプラクティス:
    o 対応マテリアルを気にすること
    o アイテムをロックしてVR空間での動きを防ぎます
    o 従来のラベルは機能しません-拡散反射マテリアルとしてサーフェスにテクスチャマッピングを適用する必要があります
    o 物理ライトはまだ対応されていませんが、発光マテリアルは対応します。

■ARファイル形式(USDz / gLTF)

  • GLTFは、粗さマップ、メタリックマップ、法線マップ、および拡散を使用して、汎用マテリアルとしてインポートできるようになりました。
  • 改善されたUVアンラッピングとベーキング。 10.2でDraco圧縮を使用する機能(3Dメッシュ圧縮でファイルサイズを縮小できるGLTF拡張機能)
  • USDzは、iOS 12以降(AppleとPixarによって開発されたフォーマット)を実行しているAppleデバイスでのAR表示をサポートしています。メッシュ、バイナリ、およびテクスチャデータが含まれています。現在、Androidのサポートはありません(GLB / GLTFはAndroidアプリケーションで表示できます)。
  • USDzのベストプラクティス:正確な法線を使用します(必要に応じて逆にします。そうしないと、出力が黒になります)。 100〜200のDPI; サンプル数を増やします。ファイルサイズを70MB未満に保ちます。
    * EnvoyのWebページには、ARでヘルメットモデルを表示できるQRコードがあります。

■3MFエクスポート

  • 3MF(3D Manufacturing Format)カラー印刷:3MFは、デザインモデルをフルカラー3Dプリンターで印刷できるようにする特別な形式です。3MFには、テクスチャ、マテリアル、色、メッシュジオメトリ、メタデータなどのデータが含まれているため、KeyShotと同じように見えるモデルを3Dプリントできます。
  • ベストプラクティス:
    o 対応マテリアルを確認してください。モデルが適切なスケール(シーン単位)であることを確認します。 DPIを400〜600の間に設定します(高いほど良い)。適切な表面テッセレーションをチェックして、結果の印刷モデルの表面が滑らかであることを確認します。変位マッピングには広い公差を使用します。
    o 3MFは、透明な材料(ガラス、宝石、液体、誘電体)の印刷もサポートできます。最良の結果を得るには、色を#FFFFFFに設定します。

■Stratasys(Colton Mehlhoff)

  • Stratasysは13か国で事業を展開しています。 FFF、PolyJet、FDM、SL、DLP、SAF印刷タイプ
  • PolyJetテクノロジーとStratasysPolyJetプリンターの説明
  • KeyShot-> 3MFエクスポート-> GrabCADPrint->プリント
  • 目的は、設計プロセスの早い段階で色を使用してプロトタイプを作成し、色をより効率的にして、クライアントからのフィードバックをより迅速に取得することです。
  • 部品準備のベストプラクティスの詳細については、GrabCADPrintチュートリアルページをご覧ください。 https://grabcad.com/ja/print

■6月17日 セッション2

ZBrushを使用したKeyShot(Certain Affinity/ MichaelPavlovich)

テーマ:キャラクターデザイン

Certain Affinity社は、ZBrushを使用したキャラクターアートを専門としています。 また、YouTubeチャンネルでZBrushの作成と、そのデータをKeyShotにエクスポートしてレンダリングする方法についてライブストリームのレッスンを行っています。 (https://www.youtube.com/user/CertainAffinity)
ZBrush to KeyShot Bridgeは、ZBrush内から直接KeyShot機能にアクセスできるZBrushのプラグインです。
テーマ:最小限の労力でリアルな効果をシミュレートする方法(効果的なショートカット)。 KeyShotは、大規模な準備を必要とせずにすばやく簡単にレンダリングするための最も効果的なレンダラーです。
通常、彼はZBrushでモデルを作成し、それをKeyShotにエクスポートして、合成画像としてバックプレートに挿入します。
彼はまた、ローカルのKeyShotライブラリで利用できない可能性のあるコンテンツにKeyShotCloudマテリアルを使用しています。

ZBrushとKeyShotのリンクについて、彼がYouTubeチャンネルで行ったライブストリームの概要:

■モデル・背景イメージの合成

■マテリアル選択

■ライティング選択(スポット、背景HDRI)

■マテリアルグラフによる色調整

■ファー・毛の表現

■液体・グラスの表現

■6月17日 セッション3

目を引く製品画像にKeyShotを活用(オフサイト/タイラーアンダーソン&ジャックマープル)

テーマ:教育

「Offsite」とは、従来の学術環境外でデザイン教育を促進することを目的とした12週間のオンラインプログラムです。目的は、デザイン業界のニーズに合わせたコンテンツ(KeyShotだけでなく他の多くのデザイン科目)を教えることです。 Webサイト:https://advves.org/offsite

-CADパッケージとKeyShotは、設計プロセスと最終段階で使用されるツールです。それらを効率的に使用する方法を理解することで、より迅速に設計できるようになります。
KeyShotを使用するいくつかの異なるレンダリング段階:

  • 基本ジオメトリ:デザインの形状がどのように見えるかを理解するためのフェーズ
  • 内部の改良:設計段階でのCADと設計の変更を表示します。基本的なマテリアルと環境など。
  • マーケティング/ケーススタディ:最終プロジェクト。設計が完了し、これが「デジタルツイン」フェーズであり、結果は可能な限り詳細で現実的です。
    ただし、設計プロセスはCADとレンダリングだけではありません。このプロセス中に対処しなければならない多くの異なる入力と問題が発生します。CADとレンダリングは、クライアントにアイデアを伝えるための最も効率的で効果的なツールの一部です。

レンダリングワークフローと優れたビジュアルコミュニケーションの原則:設計ピラミッド:CAD、構成、照明、マテリアル。

  • CAD:設計プロセスを開始する形状を作成します。モデルの物理的特性。
    o 必ずすべてのエッジにフィレットをかけます。鋭いエッジは非現実的に見えます。 (G3曲率)
    o CADの忠実度:エンジニアリングモデルはほとんどの場合必要ありませんが、設計の側面を実現するのに十分な詳細があります。
  • 構成:CADモデルをKeyShotにロードした後、構成を検討します。カメラの位置、焦点距離、三分割法など。多くの構図の原則は写真の場合と同じです。
  • 照明:光の強さ、角度、質。反射率など。照明は、製品の外観の主要な要素です。
  • マテリアル:設計の最も複雑な側面。マテリアルの外観は、これまでのすべての側面によって決定されます。

ただし、設計ピラミッドは線形ではありません。各レベルは他のレベルと組み合わせて調整されます。構図、照明、素材は同時に考慮されます。それぞれが互いに影響を及ぼします。

新しいデザインのレンダリングにアプローチする方法は?→ どのショットが必要ですか?ヒーローショット、オルソグラフィックショットなど。

  • KeyShotでStudioを効果的に使用することは、含まれているすべての要素と一緒にショットをグループ化することにより、デザインを整理するための重要な方法です。
  • 3点ライト:環境の効果的な使用法は、すべて黒のHDRIから始めて、シーンに合わせてピンライトを1つずつ追加することです。スタジオシーンでは、これは複数の物理的なライトを追加するよりも効率的で、コンピューターの消費電力も少なくて済みます。
  • レッスンコースでは、生徒にサンプルのアイデアが提供され、演習として独自の製品を設計します。
    この12週間のコースの終わりに、学生はプロのデザイナーとして労働力に参入し、これらのヒントを使用して設計プロセスを合理化する準備が整います。
    KeyShotは今、プロの工業デザインの重要なツールになっています。

LINE UP

CONTACT 問い合わせ